ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン




治療して良かった」と言っていただけるために

いまだに「おまかせの患者様」が多い歯科治療。 しかし、治療の選択肢が多いだけに、納得できる治療を受けるには、 知識をもち、医師に説明を受け、「ご自分で選ぶ」ことも大切です。

保険と保険外(自費)が混在し、わかりにくく感じる歯科治療。

しかし。結論から言えば、小さな虫歯を削って詰め物をする治療、 大きく削って被せ物・差し歯をする治療も、 また、歯を抜いて部分入れ歯にする、あるいはブリッジにする治療も、 たいていの治療は、保険でも出来ます。

ただ、これは保険で決められた治療材料を使用した場合の話。

詰め物に金合金など精度の高く、加工がし易い材料を使ったり、 見栄えがよく、変色・変質の少ないセラミック製の冠を被せれば、 保険外(自費)治療になり、費用もそれだけかかります。

まずは、保険、保険外(自費)治療の違いを知り、 メリットとデメリットを良く聞いて、 治療方法を『ご自分で選んで』みませんか。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
審美治療
インレー(詰め物)の治療
コア(土台)の治療
クラウン(被せ物)の治療
奥歯
クラウン(被せ物)の治療
前歯
入れ歯
インプラントの治療
ブリッジ(被せ物)の治療
前歯
デンチャー(入れ歯)の治療