ネット診療予約

歯周病

歯周病は、成人の8割以上がかかっているとされ、
「国民病」とまで言われています

誰もが注意しなければいけない病気です。
歯周病は、歯ではなく歯肉や歯周組織の病気であり、口の中の細菌が原因で生じます。 初期症状としては歯肉の腫れ・出血があげられますが、ほとんど痛みはありません。 痛みがないまま進行してしまうところが、歯周病の怖いところです。 自覚症状がほとんどないまま病気が進行し、気付いた頃には重度にまで進行していることもあるのです。 いで歯科医院では、保険が適用される最新の再生療法を取り入れ、自己負担を抑えて治療に専念できる環境を整えています。

歯周病の進行について

歯周病は、サイレントディディーズ(静かなる病気)と言われていてその代表が歯周病とガンです。
自覚症状が出た時には、ガンの場合は命を失う可能性が高いところまで進行してしまい、歯周病の場合は歯を失う可能性が高いところまで進行してしまう病気です。

歯周病の基本治療について

●プラークコントロール

歯周病の原因であるプラークを除去することは、治療をスムーズに進めるために大切です。
患者様にしっかりとプラークを除去できる歯磨きの仕方を指導いたします。

●PMTC

PMTCは、専用器具を用いた歯石除去・歯面清掃を行い、徹底的に歯の汚れを除去します。歯周病治療の基本はプラークコントロールです。毎日のセルフケアが大切ですが、定期的にプロのケアを受けることが必要です。

●スケーリング・ルートプレーニング

スケーリングは、歯の表面に付着した歯石を除去することを言い、ルートプレーニングは、ルート(歯根)に付着した歯石を除去することを言います。除去することで口の中の細菌を減らすことができ、汚れが付着しにくくなります。

●噛み合わせ調整

噛み合わせが悪いと、歯周組織に過度の負担がかかります。悪い噛み合わせにより、歯周組織に過剰な負担がかかると、歯周病の進行を招く場合があるのです。歯槽骨の吸収が促進される場合もあります。

RECRUIT歯科衛生士・歯科助手募集

新卒・ブランクあり大歓迎!
子育てをしながらでも働きやすい環境を整えています。
地域によりよい歯科医療サービスを
提供していきませんか?